トップ
んにぶろ
基本的にはITネタ中心のニュースサイトです。また当ページはリンクフリーです。  by early-days

 基本的にはITネタ中心のニュースサイトです。また、ネット上を散策していて見つけた面白い情報を紹介をしています(ゲームや動画、ツールなどがこれに含まれます。)。なお当ページはリンクフリーです。
by early-days
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Vine Linux 3.1 で Perl を使うときの私的メモ
 少ししたら今覚えてるような気になってる事は忘れて、
 また同じように調べなおして困ることになるかもしれない。
 ので、今の内にメモを残しておこうかな、と。

 # apt-get install perl
  で、Perlを最新バージョンにする。 
  最新といってもVine3.1だとPerl5.8.2。

  もっと新しいものを使いたい時は
 # wget http://www.cpan.org/src/perl-5.8.7.tar.gz
  などとしてダウンロードする。
  保存する場所は分かりやすいところならどこでもおk。
  詳しくは、こちらを参照。

  なぜかVineにはlynxが入ってないので、
 # apt-get install lynx
  でゲットしておく。
  CPANモジュールを使うためにこいつが必要。
  ないと変なところで止まったりする(´・ω・`)

 # perl -MCPAN -e shell
  でCPANモジュール起動。
  設定はとりあえずエンター連打で流しちゃってもおk。
  最低限チェックしておきたいのは、
   Where is your lynx program? [] → /usr/bin/lynx
   Parameters for the 'make install' command? []
                               → UNINST=1
  くらい。後はデフォで大丈夫。
  最後の方で地域とか国とか鯖とか選ぶところは、
   Asia(2) → Japan(5) → 指定できる数字全部(1 4 5 など)
  でよろしいかと。
  
  無事設定が終わると、
 cpan > 
  ってプロンプトになる。終わらせる時は、quit か exit 好きな方で。
  help か h か ? でヘルプ見れます。
 
  初期設定の部分は
 cpan > o conf
  とかすると確認できます。
 cpan > o conf [変える項目名] [変更内容]
  で後から設定変更もできる。
  でもたまに書き換え内容が反映されなくなるときがある。
  そういうときは手打ちで直す。
 /usr/lib/perl5/5.8.2/CPAN/Config.pm
  を適当にエディタで弄ればおk。

  CPANで意味分からないエラーが出て困っちゃった時は
  手動でインストールする。
  やる前までは面倒そうだなと思っていたけど
  ぶっちゃけそうでもない。
  CPANで欲しいモジュールを探して、
  ダウンロード先のURLをコピー。
  (例  Net::Amazon)
 # wget http://search.cpan.org/CPAN/authors/id/M/MS/MSCHILLI/Net-Amazon-0.34.tar.gz
  などとして(σ・∀・)σゲッツ!!
 # tar xvzf Net-Amazon-0.34.tar.gz
  で解凍。
 # cd Net-Amazon-0.34
  と、ディレクトリに入って
 # perl Makefile.PL
  で、Makefileをつくる。後は
 # make
 # make test
 # make install
とかでいけます。

 # perl -e 'use Net::Amazon;'
  とかしてエラーがないようなら成功。
  エラるようなら必要なモジュールを同じようにインストールすればおk。

 
  こんなところかな。。?
[PR]
by early-days | 2005-07-16 17:38 | PC知識
<< 研究のこれからについて Perlモジュールのインストー... >>