トップ
んにぶろ
基本的にはITネタ中心のニュースサイトです。また当ページはリンクフリーです。  by early-days

 基本的にはITネタ中心のニュースサイトです。また、ネット上を散策していて見つけた面白い情報を紹介をしています(ゲームや動画、ツールなどがこれに含まれます。)。なお当ページはリンクフリーです。
by early-days
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログと共に普及期に入ったRSSと、Web創世記から繰り返される議論
○BroadBand Watch
 伊藤直也さんの「アルファギークのブックマーク」連載第2回目です。
 今回は RSS についての記事になっています。
 以下、自分なりにちょっとまとめてみる(`・ω・´)

 ハイテク製品が広く普及する為には必ず次のような段階を踏む。
 
  1. イノベーター(技術に長けている人)がそれを知る。
  2. イノベーターがアーリー・アダプター(商品の実用価値に注目する人)
     へとそれを伝える。
  3. アーリー・アダプターが一般的な普及段階、
     マジョリティな層へとそれを広めていく。
 
 しかし、2から3へ過渡していく際には、
 その間にキャズム(大きな溝、落とし穴)がある。
 技術革新的なプロダクトはこのキャズムを越えないことには普及しない。
 RSS も少し前までは見事にここにハマっていた。
 が、ブログという最良のパートナーの登場でこれを見事に突破する。

 ブログがRSSの最高の相棒であることの理由
  ① ブログによって構築される情報空間は、
    Web上に記事単位で記憶される。
    そしてRSSは、記事単位ごとの更新情報を吐き出すことができる。
     → 2人の相性はとても良い(・∀・)
  ② ブロガー(ブログを使って記事を書く人)は、
    実際にはRSSを気にする必要はない。
    意識しなくともRSSは勝ってに書き出される。
     → この意識をする必要がない というところがポイント|∀゚)σ

 こんなところかな。。
[PR]
by early-days | 2005-06-04 15:44 | PC知識
<< アムロ・レイの日記 川の向こう岸に全員を渡らせるあ... >>